いま注目のメンズコスメ詳しくはこちら

アラフォー男性の初デートを成功させる身だしなみと立ち振る舞い

当ページのリンクには広告が含まれている場合があります。
男性の身だしなみ

このサイトは、筆者がマッチングアプリで知り合い、半年以内に入籍した経験から、最速かつ自分の最愛のパートナー選びに役立つ情報を発信しております。

のぞみ

ブックマークをしてお役立て頂ければ幸いです。

目次

アラフォー男性の初デートでの身だしなみ

身だしなみとは、服装、髪型、お肌、爪、ハンカチ、そして絶対に鼻毛の処理はしてください。

のぞみ

寛大な女性もいますが、ここ本当に大事です!


私も昔食事に行った男性が鼻毛が出ていて、二度と会いたくなくなった経験があります。笑
今はドンキホーテなどに鼻の脱毛ワックスがありますし、Amazonなどネットでも売ってます。お肌も今はメンズエステがありますし、お試しでリーズナブルな価格でフェイシャルをやってくれるサロンもあります。

ペンギンなかよしカップル

男性の美容グッズは本当に増えたね〜♪

せめて初デートは「ヒゲ」の処理なはして行きましょう。ヒゲをわざと伸ばしてるなら良いですが、いかにも剃ってないという感じだと女性は好きな人あまりいません。
『不潔』だと思われると、第一印象かなりマイナスです。
髪も清潔に、フケが出ていないか、臭くないか確認してしてくださいね。

のぞみ

女性は男性に比べて『ニオイ』に敏感な人が多いです


『体臭』も男性は元々女性より強い人が多いので、軽くいい香りの香水をひとふりして行くのもありです。

着ていく服装は、シワが目立たないものを着る

服装は清潔感があるもので、たたみジワが目立たないもの(できればクリーニンングに出しておく)を選びましょう。あまり気合いを入れるのも相手の女性とギャップがあったら恥ずかしいですし、少しおしゃれしてきましたぐらいがちょうどいいです。

もし最初のデートが高級感のあるお店だったり、ドレスコードがあるお店なら、最初に女性と当日の服装について話し合っておくのもひとつの方法です。

2人で「カジュアルな服装でデートする」
と決めていたら服も選びやすいですよね。

ファッションのセンスに自信がない男性は、
「自分はファッションセンスに自信がないから、今度選んで欲しい」
と言って、女性が快く受けてくれるようでしたら、ショッピングでもいいぐらいです。(女性にショッピングで選んでもらったら、食事はご馳走してあげましょう)

アラフォー男性の初デートでの立ち振る舞い

初デートでの立ち振る舞いは、女性にチェックされてます。筆者は初デートの時間は短めが良いと思います。なぜかというと、時間が長い方がダラダラしてしまって「もう一度会いたい」と思わせるのが短い時間の方がうまく行くと思うからです。男性も集中して会話を楽しむことができると思います。

ですので、初デートがお茶なら1時間前後、食事なら2時間前後がベストだと思います。もちろん会話が弾んでそれより長くなってしまうならもっと長くてデートしてもいいと思います。ダラダラ感が出てしまうのが筆者はマイナスだと思いますので、お互いが楽しんでるなら最初から長時間デートも、もちろんありです。

デート中に女性を暑さ寒さから守る

男性は女性が男性よりも寒がり・冷え性は人が多いことをご存知だと思いますが、デートでこの気配りができれば優秀です。

車の中、レストラン、カフェの中が寒いと本領発揮できない女性は多いです。男性が寒くなくても、女性はブルブル震えてることって結構あります。「寒くない?」と聞いてあげて、寒かったら暖かい場所に移動する、暖かい飲み物を注文する、お店にブランケットを借りる、場所をかわってあげたり、できることは色々あります。そういうところに女性は優しさを感じます。(男性が上着を持っていたら貸すというのもありますが、仲良くなってからの方が無難です)

暑いのも暑いでメイクがくずれたり、喉が乾いたりしてデートが不快になってしまう可能性があります。場所選びには十分ご注意ください。メイクが崩れることを嫌がる女性もいます。とくに仲良くなるまでは、あまりメイクがくずれたりするようなところで会いたくない女性はいます。

雨も濡れないように注意

雨が降りそうな日は、女性が「雨に濡れない場所」を選んでください。

のぞみ

もし気に入ってる服装、高価なバッグを持っていた場合、濡れたら「二度とデートしたくない」とそこで終わってしまう可能性あります。

女性はメイクやアクセサリー、服装も男性よりお金がかかります。
新しく買った服を着て、雨に濡れて嫌な思いをした経験が筆者も昔あります。男性がどうしてもドライブに行きたい。そこでトイレやお店に寄って雨に濡れたら、それだけでテンションが下がります。筆者はとても気に入ってた服で、まだ買ったばかりの服だったので、今でもそのとき無理にドライブに連れて行った男性を恨んでます。笑

男性もそうかも知れませんが、デートに服や靴など新品を着て行く人もいます。初デートの日はできれば晴れてる日が無難かも知れません。

ペンギンなかよしカップル

こんなことにならないでね…

車でドライブなら、雨でも濡れないコースを前もって調べておくのがベストです。屋根付きの駐車場で建物に入るのに濡れないところは探せばあったりします。
日頃からリサーチしておく努力が大事です。

聞ける人が身近にいたら、
『今度デートに行くんだけど、おすすめのところある?』
『今までデートに行って楽しかったところってどこ?』
など、聞いちゃった方が早いです。

時間に余裕があれば、デートの場所を下見に行くのもおすすめです。一度行った場所は落ち着いていられるので、男性が慣れてる姿に女性は『頼りがいがある』とか『かっこいい』『大人の男性』と思います。

のぞみ

道に迷ったりすることがないように、少しでも良いのでデートの場所や食事のメニューでどれが美味しいなど「下調べ」をしておくことを強くおすすめします。

初デートはあまり気合いの入った服装より、少しカジュアルだけど「失礼のない服装」が好ましいと思います。
一番気を付けるべきは、TPOです。

初デートでどこに行くのか?が服装選びの基準なります。

・美術館や映画館ではキレイめな靴。
・テーマパーク、動植物園などは歩きやすいシューズと服装も少し汚れても平気な感じ。


女性にも『ヒールじゃなくて、シューズを履いてきた方がいいよ』と促してあげることで、「大人」「優しい」「先が読める男性」というイメージになりやすいので、男性は女性をサポートしてあげてください。

女性は良く見られたいという気持ちから、たくさん歩くから足が痛くなるかも知れないとわかっていても、無理してヒールがある靴を履いてくる女性もいます。

ペンギンなかよしカップル

たしかに、ここでこんな場所にヒール履いてくるのか〜という女性は案外よく見かけるね〜!


足が痛くなると、せっかくのデートがもったいないですよ。
でも無理にシューズでと強制するのはいけません。ヒールで長時間歩いても平気な女性もいますので、そういう女性には負担がかからないようにたまに気にかけてあげましょう。

男性が女性の荷物を持ってあげるのはほとんどの女性は嬉しいと思ういます。しかし、初対面で仲良くなる前から貴重品が入ったバッグを持ってもらうのは抵抗がある女性多いでしょう。

のぞみ

仲良くなるまでは買い物した荷物とか、「差し支えないもの」を持ってあげるのがベストです。

初デートでの会話

初デートでの会話は、面白かったネタをいくつか準備しておくことをおすすめします。
今まで話してウケたネタって誰でもいくつか持ってると思います。
ない場合は、
自分の周りで面白い人、変わった人の話でもいいです。

・面白い話
・知的な話
・おしゃれの話
などを盛り込んでいきます。

その日話したい話題を簡単に携帯のメモ機能にメモしておくんです。そうすれば忘れても携帯を見て確認できますし、話題に困ることもないのです。

女性は話し好きが多いので、動物好きなら何が好きなのか今まで飼ったことがあるなら、ペットの名前とか色々聞いてあげてください。どんな気分でデートして、どんな気分でデートを終えたいか、イメージしてデートに臨んでください。

上手くいくかどうか不安な気持ちのまま過ごしてしまうと、それが女性にも伝わります。終始楽しい気分で終わりたいと思っていれば、デートで仲良くなる率が上がります。
食事代は色々と意見はありますが、男性が年上で年収も上なら筆者は絶対男性が出したほうが良いと思います。

初デートでの「シ◯ネタ」はタブー

初デートでの「シ◯ネタ」はタブーです。できれば3回目のデートぐらいまでは下ネタ禁止でお願いしたいぐらいです。笑
話す内容にもよりますが、シ◯ネタが嫌いな女性っています。そういう人に話すとイメージが悪くなってしまう可能性があります。最初から下ネタ話して欲しいという女性はあまりいません。話されてもどうリアクションしていいかわからない女性も多いのです。

とはいえ、これはまれですが、「シ◯ネタ」好きの女性がいます。下ネタ好きの女性は会話に自分から下ネタを織り交ぜてくるのですぐわかります。

のぞみ

そういう女性なら少しぐらい話しても大丈夫でしょう。笑

まとめ

初デートって緊張するかも知れませんが、初デートの印象は大事です。そして下調べや準備が大事なことがおわかりいただけたでしょうか。「準備が面倒」と思った人、よく考えてください。一生のパートナーを探すんですから、多少は準備に力入れましょう。そして心が美しいしっかり者のパートナーを見つけてください。

男性の身だしなみ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次