いま注目のメンズコスメ詳しくはこちら

アラフォーのリアルな婚活事情 晩婚化のメリットとデメリット

当ページのリンクには広告が含まれている場合があります。
結婚が遅いアラフォーの婚活
目次

年々晩婚化し、初婚年齢が遅くなっている


日本では、結婚年齢が遅くなっており、アラフォーでの婚活も一般的です。
キャリアや個人の成長に時間をかける傾向があります。
アラフォーの婚活は、オンライン婚活アプリや婚活パーティーなど、様々な方法を活用してパートナーを探す傾向にあります。

のぞみ

とくににオンライン婚活は手軽にできることもあり、人気があります!


アラフォーの婚活にはバツイチも多く、再婚を考えている場合があります。
離婚や未婚の人々との出会いも多く、 アラフォーの婚活者の中には子供を持つことが希望または重要視される場合も少なくありません。

ペンギンなかよしカップル

アラフォーの婚活は、結婚相談所を利用する場合もあるよ〜

パートナー候補の『子供に対する考え方』が合致することは重要です。

結婚の専門家の助けを借り、マッチングをサポートしてもらうことが可能です。


アラフォーの婚活の多くは、現実的な視点で婚活に取り組みます。「理想の相手」ではなく、「相性の良いパートナー」を見つけることが目標となってきます。
日本のアラフォーの婚活事情は、年齢や個人の状況によりますが、多くの人が新しい出会いを求めています。

近年はこういった晩婚化の傾向にあり、
「結婚しなくてもいい」


という人が増える中でも、一定数の人は

「結婚したい」
「ひとりで一生過ごすのはさみしい」


と感じています。

ペンギンなかよしカップル

自分の気持ちに素直にならないと、幸せにはなれないんだよね

晩婚のメリット

のぞみ

晩婚のメリットはたくさんあります!(自分で実証済み。笑)

・アイデンティティの確立
これは筆者だけではないと思うのですが、ずっと独身でいると自分は何者なんだろうと思うときが多かったんです。それが結婚して、変わりました。「自分はこの人のパートナーだ」ということが、精神の安定というかアイデンティティの確立の手助けになったと思います。

「アイデンティティ」とは、「自分は自分であると自覚すること」「自分の価値を他者に認められること」などを意味する表現である。

https://www.weblio.jp/content/アイデンティティ#google_vignette より引用

・食費が節約できる
食費は一人で暮らすより2人の方が経済的です。

・寂しくない
一人でいるより寂しくないです。筆者の場合は全く寂しくなくなりました。
志村けんさんが以前テレビで「寝るとき寂しい」っておっしゃってたんです。

・何かをするときに協力できる
例えば力仕事は旦那さんで、細かい家事は奥さんのように分担するのも協力ですし、重い荷物を運んだりや面倒な作業は2人でするとあっという間に終わるんです。筆者も先日ベランダのお掃除を旦那さんと一緒にやったらあっという間に終わってびっくりしました。1人でするのと2人でするのは効率が全然違います。

・相談できる
これは精神面でとても助けられます。パートナーに相談するのと、友人知人に相談するのではレベルが違います。筆者は、この相談できることで結婚して本当に良かったと思いましたし、結婚することの大切さを学びました。このブログの読者さんには、真剣に相談に乗ってくれるパートナーを選んで欲しいです。


食事も一緒に味わうことで会話が生まれて楽しいですし、体調が悪い時はパートナーがいると頼りになります。

ペンギンなかよしカップル

もし入院しても着替えを持ってきてもらったり、付き添ってもらえたり、そういう時こそパートナーがいて良かったと思う時ではないでしょうか?



以前、沖縄旅行に一人で行ったことがあるのですが、ホテルも食事も良かったのですが、冬だったこともあるのか?とても寂しい旅になりました。笑

そんなに寂しがりやではないと思っていた自分が寂しいと感じたのは自分でも驚きでしたが、それぐらい誰かいるといないとでは違うんだなと思いました。

のぞみ

一人旅でも現地の人とすぐ仲良くなれる人がうらやましいな〜

晩婚のデメリット

・お金がかかる
晩婚でなくても、男性からすると結婚はお金をかけようと思えば結構なお金がかかるものです。新居や結婚指輪、旅行も2人分です。共働きが多いですが、よっぽど奥さんが稼ぐ人でないかぎりはお金はかかると思います。ただ、節約しようと思えば、一人当たりの食費などはかなり節約できるでしょう。もし夫婦2人が独身のとき毎日コンビニか外食で、結婚して自炊に変わったらかなりの金額節約できます。

晩婚のデメリットは、結婚した相手次第では、金銭的または体力的に苦労する場合があるということです。例えば結婚相手の親御さんが体調が悪くて、毎日お世話しなければいけなくなったとか、結婚相手の身内や友人に嫌な相手がいた場合に嫌な思いをすることになります。

ただ、そういうことは結婚すれば多少ありますから、ほとんどのことは夫婦の愛情があれば乗り越えられると思います。(『健康な時も病める時も…』という有名な結婚の誓いの言葉がありますよね)そう思って結婚します。

自分にやりたいことがある場合、それを諦めなければならない時がある

例えば海外の遠い国で働きたい、ミュージシャン・俳優・芸人を目指したいなどです。この場合はある程度目処がたってから結婚する人もいますが、そういう方はこのブログ自体見ないと思います。(^-^;

・自由な時間が減る場合がある

これはパートナーの方次第かもしれませんが、自分の好きなことに使っていた時間は減ります。いえ、減る場合があります。気分や思いつきでふらっと飲みに行ったり、推し活をしたり、趣味の時間は削られます。なので、趣味や好きなことは一緒か、パートナーの方が合わせて趣味に付き合ってくれる人がいいですね。

筆者は旦那さんが買い物も好きなことも多少付き合ってくれる人だったのも、結婚した理由の一つにです。

のぞみ

筆者は旦那さんが買い物も好きなことも多少付き合ってくれる人だったのも、結婚した理由の一つにです。

まとめ

晩婚のメリットとデメリットは、晩婚でなくても若い時の結婚でも当てはまることもありますが、お互いに大人であるからこその楽しみ方ができます。

結婚が遅いアラフォーの婚活

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次