いま注目のメンズコスメ詳しくはこちら

マッチングアプリで結婚したカップルの離婚率は低い!

当ページのリンクには広告が含まれている場合があります。
離婚率が低い

マッチングアプリ(オンライン)で出会って結婚したカップルの方が、そうでないカップルよりも倍以上離婚率が低いそうです。マッチングアプリはイメージが悪いという人もいますが、それは「マッチングアプリの使い方」の問題かもしれません。筆者はSNSもよく見るので、思うのですが営業目的とか怪しい人ってもうだいたいすぐわかります。笑

ペンギンなかよしカップル

まだ自分のことをあまり知らないうちからベタ褒め&好意を強く感じる場合は気をつけてください!

そういうのは「無視」して使えば問題ない話ですし、なんか合わないな〜と思ったら違うマッチングアプリに変えてみるとか、使い方を上手にやっていけばいいのです。
やはりマッチングアプリは、自分のパートナー探しに自分の足を使って探すよりもずっと「コスト」を抑えられて、簡単に出会える可能性が高いという「メリット」があります。

のぞみ

お見合いをしようと思ったら1回会うのにいくら使うと思いますか?それを考えたら、マッチングアプリはかなりコスパがいいです。

職業的に出会いが多い人もいますが、それでもパートナーを探すのには向いてない職場だったり、結婚相手を探すのに良い職場だったとしても、今度は出会いが多い職場の人を旦那さんにすることを不安に思う女性も出てくるのです。オンライン上では色んな職業の人がいますから、自分はこういう人がいいとアピールできます。苦手だと思えば断ることもできますし、マッチングアプリ(オンライン)を使わないのはもったいないです。

目次

マッチングアプリで結婚したカップルの離婚率はなぜ低いのか?

アメリカではもうマッチングアプリで出会うことが主流となっています。日本では、実際にマッチングアプリで知り合って結婚するのが増えてきていますが、実際に「マッチングアプリで知り合って結婚した」というのが恥ずかしくて行ってないカップルも多いのです。

のぞみ

筆者もマッチングアプリで結婚したのですが、マッチングアプリで知り合ったというのを知ってるのはごくわずかです。

メンタリストDaiGoさんのYouTubeでは、マッチングアプリで結婚した人の方が離婚率が半分になって、結婚後の満足度も高いという研究結果が出てるという内容が公開されてました。これは、自分の趣味や性格など分かった上相性の良い人と出会って、事前に十分な話ができるかどうかというのが重要のようです。

メンタリストDaiGoさんは『WITH』というマッチングアプリを監修してますが、だいたい3〜4ヶ月で入れ替わっていくそうです。

ペンギンなかよしカップル

それぐらい知り合ってカップルが誕生してるということですね〜

今日本の離婚率は約40%前後で、離婚率が高い高い地域は50%に近くなっていきます。今のところ一番離婚率が高いのは、オフラインで知り合って恋愛結婚したカップルということになります。

筆者の母親は、筆者が高校生のときに離婚していますが、「恋愛結婚」でした。そしてもう亡くなってしまいましたが、母の姉も「恋愛結婚」で離婚してます。母の妹だけ今でも仲が良いです。

筆者のいとこが5組中4組「恋愛結婚」で離婚しています。そして内2組は再婚してまた離婚してバツ2になっています。

のぞみ

それを考えると、やはりこの統計は本当かもしれないと思います。

「恋愛結婚」って気持ちが盛り上がっていて、「ふつう」ではない状況で結婚の判断をしていたりするので、「好き」という気持ちが相手に対してなくなってくると、よく考えたら『私たち相性良くないよね』ってなるパターンが多いのです。
マッチングアプリでも「好きだから結婚する」というのはもちろんあるんですけど、『現実的に冷静に相手を見ることができる』というのが「恋愛結婚」との大きな違いだと思いました。

ペンギンなかよしカップル

若いときは「人を見る目」が育ってない場合もあるよね〜

マッチングアプリだと「同じ方向性」を見て結婚することができます。
なので、あとで『あれ?』ということも少ないでしょうし、最初から相手の収入や生活スタイル・親の介護・理想の老後の過ごし方などストレートに聞きやすいというメリットもあります。

最初から「こういう人」なんだということを知ってるから、変に相手に期待しすぎない。

のぞみ

恋愛結婚は相手に期待しすぎてしまうことがあるのですが、マッチングアプリにはそれがないんです。

このように、理想と現実のギャップがないから、お互いに不満がたまりにくい。現実的な目で見てるから、自分が思い描いていた結婚生活が想像したよりも良いものになりやすいのです。

公式サイト:https://zexy-en-soudan.net

\ はじめての婚活ならゼクシィ縁結びエージェント /

離婚率が高い県はどこ?トップ3

近年日本は毎年20万組前後離婚しています。
離婚率が最も高いのは2020年では、1位は厚生労働省のホームページを見ると沖縄県になっています。
ちなみにトップ3はこちらです。

1位 沖縄県
2位 大阪府
3位 福岡県

なぜ離婚率が高いのかは分かりませんが、いつまでも仲が良いのが理想ですね。

男性のヒステリックは結婚生活がうまく行きづらい

男性でヒステリック、つまりキレやすい性格をしていると結婚生活はうまく行きにくいです。
逆はよくありますよね。奥さんがキレているパターンですね。あれは、奥さんが家事や子育てを一人で頑張ってて旦那さんが手伝ってくれないことでヒステリックになってるパターンが多い気がします。笑

男性のヒステリックは本当にうまくいかないと思います。筆者の両親はそのパターンでしたから、この辺はよくわかります。手伝ってくれるのを喜んで感謝してくれる奥さんには、男性は手伝おうとしてくれます。女性の頼み方や、やってあげても「当たり前」みたいな態度をされると男性も手伝いたくなくなりますからね。

かと言って男性が女性に優しくないと、結婚生活は女性にとってストレスでしかないと思います。悪循環ですよね。

男性は基本的に優しいと思うのです。気付かなかったり、気が回せなくなっていたりするだけで、100%気付くなんて無理ですから女性も男性に気分よく動いてくれるような頼み方をするのも大切だと思います。

日本では晩婚の方が離婚率が低い

最近の日本の離婚率は35%前後になっています。

のぞみ

知ってる方も多いかもしれませんが、晩婚の方が離婚率は低いです。

ということは、単純に考えるとマッチングアプリで知り合って結婚したアラフォー男性は、若く結婚した人より離婚率が低いということですよね?これは素直に信じておきましょう。

公式サイト:https://www.yyc.co.jp

\ 月額課金なしのマッチングアプリ /

マッチングアプリで結婚したカップルの離婚率は低い:まとめ

マッチングアプリで知り合って結婚した方が離婚率が低いという事実がわかりましたね。やはり普通に生きていたら出会えない人と出会うことができるのは、マッチングアプリの良さではないでしょうか。それだけ人生を良いものに変えてくれる可能性があるってすごいですよね。

離婚率が低い

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次