いま注目のメンズコスメ詳しくはこちら

アラフォー男性のリアルな婚活事情 子育てについて

当ページのリンクには広告が含まれている場合があります。
子育て

アラフォー男性の婚活は、結婚の方向性もそうですが、子育てに付いてパートナーと話し合っておくことがとても大切です。

ここで意見が分かれてどちらかが不満を持ったままだと、信頼関係を深めていくことが難しくなる可能性も出てきます。結果が同じであっても、「お互いが納得してその答えを出した」ということが、お互いに尊重してくれてる気持ちを感じられて愛が深まるからです。

目次

アラフォー男性のリアルな婚活事情 子供が欲しいかどうか話しあっておく

アラフォーの婚活で大切なことは、

「子供ができなくてもいいのか」それとも
「子供が絶対に欲しい」

かです。

これは絶対に話し合っておくべきです。

なぜなら「子供が欲しい」って思っても、女性は年齢を重ねるごとに妊娠の可能性は減ってしまいます。
運よく妊娠しても、問題なく産まれてくる可能性が減ってくるのです。

筆者が43歳で婦人科で受診したときに、
「まだ妊娠する可能性あるね〜」
とさらっと言われたぐらいですし、40代でも妊娠する可能性はあることはあるんですけど、(筆者は40代で2回流産してます)そこから無事に育ってくれる可能性が残念ながら年齢を追うごとに下がってしまうのです。

筆者の場合は自然妊娠だったので、卵子の凍結保存を若い時にしているとまた話は違ってくるみたいですが、そのあたりはパートナーと専門家の方に相談するのがベストだと思います。

高齢出産でも問題なく出産される方もいますが、そうではない場合も考えておかないと、お互いに辛くなってしまいかねません。ここはしっかり方向性を話してお互いにどうしたいか最初の段階で話し合っておきましょう。

のぞみ

女性の体への負担を考えると、高齢出産はそれなりに覚悟が必要かも知れません!

アラフォーになると自分も多少年齢を重ねていますし、今から子育てをしたら、子供がハタチになる頃には自分は…と考える方も少なくないと思います。

40代になると、今は元気でも10年後、20年後は…元気でいられるのかな?
「子供を育てる元気がない」
「子供は欲しくない」

という人も20代、30代に比べたら増えてきます。



このときに、「子供が欲しい」
という方は、ご自身とパートナーの年齢や健康状態を考える必要があります。

もし婚活をして、パートナーの女性がアラフォーだった場合、子供ができる確率はかなり減って、子供も健康で生まれてくる確率が減ります。

サイト筆者の私は今40代半ば過ぎましたが、44歳で結婚して2回流産しました。

のぞみ

婦人科の医師に聞きましたが、40代になると、妊娠してもそだっていく確率が半分ちかくに減ってしまうのです



でも人によっては何事もなく無事に育つこともあります。

今は若くても不妊治療をしている話をよく聞きます。
やはり昔から言うように子供は授かり物で、「子供がいなくても幸せだけど、もし授かったらもっと幸せ」という風に考えていくと気持ちが楽になって良いかもしれないですね。

アラフォーの婚活事情ですが、筆者はアラフォーの婚活事情はすごくチャンスがたくさんあると思います。

ペンギンなかよしカップル

出会いの方法も昔に比べたら出会えるようになってるよね〜

40歳を過ぎて結婚する確率は低い
とメディアで放送されることがありますが、それについて思うことは、行動している人の割合では見ていないと思います。

行動している人』は『結果』が出ていると思います。

…といっても誤解しないでください。筆者は厳しいことを言うつもりはないのです。
ただ、何もしなかったら何も始まらない事実があります。

のぞみ

いきなり出会いを求めなくてもいいので、出会う準備をしたらいいと思います。

だってパートナーにしたい!という人に出会ったら、デートで忙しくなりますよ。笑

だから、今のうちにデートに着ていく服やデートコースなどを下調べしておいたりするんです。女性は気が利く男性が好きです。男性も気が利く女性が好きですよね?気が利くというのは、「少しでも気分良く過ごして欲しい」という相手への思いやりが隠れています。

デートコースもお金を使わなくても、景色が綺麗なところに行ったり、楽しめることはたくさんあります。たとえば近くの公園に行って散歩するでも、何でもいいのです。

いまの時代は家の中にいてもネットを通じて出会うことができますから、ありがたいですね。

のぞみ

なんて素晴らしい世の中でしょう!

\はじめての婚活、結婚相談所なら ゼクシィ縁結びエージェント /

アラフォー婚活のリアルな子育て事情:まとめ

アラフォー男性の婚活は、20〜30代の男性とちがって大人ですから、大人の『余裕』みたいなものが大切だと思います。それはお金がどうこうではなくて、すべて受け入れるような優しさのようなイメージです。

「子供ができてもできなくてもいいよ」というパートナーに対しての愛や心の広さが年齢を重ねてからの結婚には大切なのではないかと思いました。

また、お互いに初婚でない場合はいきなり母親になったりするわけです。そうなると、より大きな愛と寛大なこころが必要になるわけです。
子育てするにしてもしないにしても、お互いが毎日幸せな気持ちを感じられるかが大切です。

子育て

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次